愛人関係から幸せになる人はとても少ないように感じます

愛人関係というのは、いわゆる不倫関係でのお付き合いです。こういう女性は、一時的な関係でもいいと言いつつも、あわよくば奥さんから奪ってしまおうと考えているものです。
しかし、頑張って奥さんから男性を奪って結婚を成就させた人で、なぜかその後大変なことになる話をあちこちでよく聞きます。一番悲しい例が、その男性が亡くなってしまうことです。バチが当たるなら、女性に当たってもおかしくないのですが、男性が多いです。これは、やはり心の中で猛烈な葛藤が続き、心労で倒れてしまうのではないかと思われます。愛人女性から正妻になった女性は幸せ一杯かもしれませんが、人の心はそれほど単純に出来てはいないのです。
愛人女性と再婚した男性は、ほとんど職場等でコソコソと陰口を言われるものです。それが平気なら良いですが、居心地がいいわけがありません。前の奥さんと別れて1年後くらいに間を空けて再婚したとしても、前からの愛人関係であったことはすぐにわかるのです。
ですから、どうしても愛人女性と新しい人生を始めたいと思ったら、知っている人がいない土地に行って、1から始めなくてはいけないこともあります。それなら、誰も二人のことをあれこれ言わないでしょう。しかし、そうなると今度は収入面がガクンと落ちます。前の奥さんへ払うお金も必要です。こうなると、自分たちは何をしてるんだ...と考えてしまうことになります。
愛人関係は、文学的には「年をとってやり直す最後の青春」のようにとらえられます。でも、悲しむ人がいる関係から幸せになるのはとても難しいことを、みんな知っておかなければならないですね。

 

パパ募集・パパ探しはどこで?パパと出会える3つの掲示板とは?